各種検査方法/ドックについて

Q:PET をつかったドックはありますか?

A: 当院には PET はございません。

Q:脳ドックはどんな種類がありますか?

A: 脳ドックのページを参照してください。

脳卒中センター担当医の結果説明のあるコースとないコースがあります。
脳ドックI : 頭部 MRI/MRA + 頚動脈エコー + 各種動脈硬化チェック + 専門医説明
脳ドックII : 頭部 MRI/MRA + 専門医説明
脳 MRI 検診コース(簡易脳ドック) : 頭部 MRI/MRA <結果は書面でのレポートのみ>

結果は当院の放射線科専門医が判定し、異常のある場合は脳卒中センター外来受診へ

Q:胃カメラと胃透視の検査はどちらがよいのでしょうか?

A:小さな病変や細かい診断は胃カメラのほうが優れています。当院の健診では、検査の違和感の少ない経鼻内視鏡検査を基本コースとしております。
胃透視検査(バリウム検査)および経口内視鏡検査は別に予約枠を設けております。

Q:経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査はどちらがよいでしょうか。

A:経鼻内視鏡検査は、カメラを鼻から入れるために口をふさがれず、検査中でも医師との話ができます。通常経鼻内視鏡検査は経口内視鏡検査のカメラに比較して、やや画像が不鮮明だと言われていますが、当院では最新の経鼻内視鏡を使用しているため、大きな差はありません。そのため通常の健診の検査では経鼻内視鏡をお勧めしています。小さな組織をとる検査(生検)にも対応しています。